フラーリッシュ エッセンス

フラーリッシュ エッセンス
  • フラーリッシュ エッセンス

『ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸25%のアンチエイジング美容液』 お肌におけるアンチエイジングの最大の敵といえば、乾燥。乾燥が進むとお肌の弾力はなくなり、毛穴も開きっぱなしとなり、素敵なアラフォー女性からは遠のいてしまう悲しい結果に。 そこで取り入れたいのが、ビタミンC誘導体・ヒアルロン酸配合のアンチエイジング美容液『フラーシッリュ エッセンス』。 お肌が何となく疲れた印象の“老け顔”や、美白ケアが必要な“くすみ肌”、その他お肌に起こるトラブルの原因のひとつに活性酸素があります。 フラーシッリュ美容液には、そんなアンチエイジングに欠かすことのできない抗酸化作用を持つ「フラーレン」を1%配合しました。

定価
7,560円(税込)
在庫数
無制限

単品購入金額

代金引換 カード
金額 3,780 3,780
送料 0 0
手数料 324円 -
合計金額 4,104円 3,780円

定期購入金額

代金引換 カード
金額

50%OFF

3,780

50%OFF

3,780
送料 0 0
手数料 324円 -
合計金額 4,104円 3,780円

商品説明

●フラーリッシュ エッセンス  販売価格7.000円(税別)
 (水性フラーレン1%、オリジナルマンジュリコンエキス配合) 
初回単品は定価の50%オフで、お試しできます!!
ノーベル賞を受賞したアンチエイジング成分フラーレンは、ビタミンCのなんと125倍もの抗酸化作用があります。
フラーレンの高い抗酸化作用は、メラニンの生成を抑制しシミなどを作りにくくするとともに、吹き出物の元を予防し皮脂が酸化するのを防いでくれるのです。
それにより、フラーレンを使うことで毛穴の黒ずみなどが目立たなくなり、キメ細かな美白肌が実現します。
美白効果に続いてフラーレンの特出すべきところは、高い保湿効果があるということ。
フラーレンには、コラーゲン生成の促進がブラセンタの800倍あるとされているのです。
コラーゲンを生成する能力が高めれば、おのずと弾力が増しますから、シワ対策にもなって効果もさらにアップ。  

アンチエイジングの敵である乾燥を防ぐために、積極的に取り入れたいのが「ヒアルロン酸」です。
アンチエイジング美容液フラーリッシュは、そのヒアルロン酸を全体の25%も配合しています。
もともと私たちのお肌には、弾力を保持するためのヒアルロン酸が備わっていますが、加齢とともに減少していってしまうために、弾力のないたるみ肌となるのです。
ヒアルロン酸には、角質層の水分を保持し水分の蒸散を防いでくれる働きがあります。

アンチエイジングには、美白効果成分も見逃せません。
美白肌に、くすみ・シミ・ニキビは余計なもの。それには、「ビタミンC誘導体」が効果的です。
ビタミンC誘導体には、メラニン色素を還元しメラニン色素の生成を抑制する働きがあります。
フラーレンと同様、活性酸素を取り除く高い抗酸化作用があるので、ビタミンC誘導体にもアンチエイジング効果が期待できるのです。
また、皮脂抑制作用があることで、ニキビの原因となる過剰な皮脂の分泌を抑え、炎症やニキビの悪化、それにともなうニキビ痕を防いでくれるという、万能なところもビタミンC誘導体の素晴らしいところ。

アンチエイジング美容液『フラーシッリュ エッセンス』には、アンチエイジングを目指したいあなたのために、シミ・シワ・毛穴の開き・たるみ・くすみに効果的かつ魅力的な成分をたくさん配合しています。
たとえば、abilityオリジナル原料のマンジェリコンエキス。
マンジェリコンは、ブラジルでは調味料として使われるほど身近で安全性の高い成分です。
高い美白効果があるマンジェリコンエキスと、抗酸化作用の高いフラーレンとの相乗効果で、白く透き通った美白肌へと導きます。

他には、抗酸化作用やターンオーバーを促進する働きをする「ダマスクバラ花水」、メラニン色素を抑制する「α-アルブチン」、表情シワを改善する効果のある「アセチルヘキサペプチド-8」など、アンチエイジングのための成分をたっぷり配合。

アンチエイジング美容液フラーリッシュは、化粧水いらずの美容液。
それほど、高い美容成分が含まれていながら、さらっとしたベトつかない使い心地がリピート率の高いヒミツ。
使い続けることで、お肌が確実に変わってくるのを実感できる美容液です!

フラーリッシュ エッセンス 成分表

表示名称
DPG (保湿)
グリセリン(保湿)
以下 順不同
マンジェリコン花/葉/茎エキス(美白、抗炎症)
フラーレン(美白、抗酸化)
ヒアルロン酸Na(保湿)
グリチルリチン酸2K(美白)
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na ~APPSビタミンC誘導体(美白)
α-アルブチン(美白)
ポリクオタニウム-51(保湿)
ダマスクバラ花水(収れん)
アセチルヘキサペプチド-8 (保湿)
パルミトイルテトラペプチド-7 (保湿)
パルミトイルオリゴペプチド (保湿)
PVP (結合剤)
カルボマー (増粘剤)
グリセリン (保湿)
BG (安定剤)
プエラリアミリフィカ根エキス (美白、抗酸化)
PEG-20ソルビタンココエート (溶剤)
フェノキシエタノール (安定剤)
エチルヘキシルグリセリン (安定剤)

フラーリッシュ エッセンス 主な有効成分の原料説明

グリセリン
海藻、動物などにも広く含まれるアルコールの一種で、ヤシ油やパーム油などを原料とした天然グリセリンを使用。
甘味を持つことから甘味料としても利用され、強い吸湿力を持つため、化粧品や軟膏などの保湿成分としても配合されています。
ダマスクバラ花水 バラの花びらを水蒸気蒸留して抽出したフラワーウォーター。保湿効果、収れん効果、鎮静効果、抗アレルギー効殺菌効果、抗菌効果など期待できます。
マンジェリコン花/葉/茎エキス 千葉県にある「ハーブポケット」で栽培のハーブ「マンジェリコン」からエキスを抽出したability オリジナル原料。 ブラジルでは調味料や、古くから薬草としても用いられ、インスリンの分泌を促進、血糖値を抑える効果を持つと言われていて、ミネラル成分が大変豊富に含まれています。美容には抗炎症や美白に期待されます。
フラーレン フラーレンはダイヤモンドと同じ炭素同素体で物質で、その中には、紫外線防御、老化防止などマルチな効果が期待できる成分が含まれています。老化の原因となる活性酸素をスポンジのように吸い取ってくれる働きがあることが特長で、ビタミンCの125倍もの抗酸化作用、プラセンタの800倍ものコラーゲン生成促進作用など、女性にとってのまさに救世主的な存在です。
ヒアルロン酸Na 本来、人体の皮膚や関節などにある成分で、豊富な水分が含まれており、スポンジのように柔らかいので肌に弾力を与えたり、潤いを保ったりしてくれる働きをします。肌の乾燥を防ぎ、表皮に水分を保湿し、角質を柔軟にしてくれます。
グリチルリチン酸2K 甘草の根茎から抽出されたグリチルリチンの誘導体。抗炎症作用・抗アレルギー作用・ステロイド様作用・女性ホルモン様作用から慢性、急性の皮膚炎に対し著しい効果があり、ニキビやアトピーなどのケアに幅広く使われます。
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na ビタミンC誘導体としても有名で、別名APPSとも言われる。水溶性で酸化・分解され易いビタミンCを安定化させたものです。従来のビタミンC誘導体の10倍から100倍以上とも言われ、肌に深く働きかけ透明感を与え、コラーゲンの合成促進や活性酸素に、効率的に働きかけます。
α-アルブチン ハイドロキシンにブドウ糖をα結合したもの。肌の天敵、シミ、そばかすのの原因となる、メラニン色素を抑制するのに、とても効果があり、紫外線などによるチロシナーゼの働きをブロックします。また他の美白成分と比べて安全性も高く、敏感肌や、肌荒れに弱い方でも安心な成分です。
アセチルヘキサペプチド-8 植物由来のアミノ酸結合成分(ペプチド)で別名アルジルリン。加齢に伴ってできる表情のしわを、改善する効果をもつ成分で、皮膚の緊張をやわらげてハリと弾力を与えます。美容整形で使われる「ボトックス」と似た効果を持ちますが、毒性はなく安全です。
パルミトイルテトラペプチド-7 4種のアミノ酸からなるペプチドで、シワやたるみを改善してふっくらと弾力のある肌を取り戻します。加齢によるインターロイキンの増加を抑える作用があり、結果としてお肌の老化を抑える働きがあります。
パルミトイルオリゴペプチド 2種のアミノ酸からなるペプチドが、繊維芽細胞を活性化させてエラスチンの生成を促し、肌にハリと弾力をもたらすことからマイクロエラスチンとも呼ばれます。
プエラリアミリフィカ根エキス マメ科植物「プエラリア」の根から得られるエキス。女性ホルモン様成分が含まれており、バスト用のボディケア製品などに用いられます。また、メラニン生成抑制作用や老化防止作用があり、美白剤、老化防止剤としても使用されます。
乳酸Na 角質層に含まれている天然の保湿成分(NMF)のひとつ。乾燥から肌を守り、柔軟にする目的で、化粧品に配合されます。希釈液には殺菌効果があり、美白化粧品に使われ、またクリームのキメを細かくするための調整剤、乳化安定剤としても配合されてます。

使用方法

朝のお出かけまえ、夜の就寝前の一日2回が効果的です。
朝は化粧水→(化粧水付けない方はこれから)エッセンス→クリーム→UVクリームなど、
夜は化粧水→(化粧水付けない方はこれから)エッセンス→クリーム・・乾燥が気になる時は、
クリームの上からさらにエッセンスを付けてもシットリし、おすすめです。
ただし、お持ちの化粧品に使用順序の指示がある場合もあります。ご確認の上、ご使用ください。
ご使用順序について、医師の指導がある場合にはそちらを優先してください。

ご注意

ご使用上の注意:
●お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
●化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

①使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合
②使用したお肌に、直接日光があたって上記のような異常があらわれた場合

保管および取扱い上の注意:
●ご使用後は容器の口もとをきれいにふき、必ずしっかりキャップをしめてください。
●乳幼児の手の届かない所に保管してください。
●極端に高温または低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。
●開封後はお早めにご使用ください。